読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代のおじさんブログ

30代に入ってるおじさんが、仕事、人生、感じた事、触れた事を綴っていきます。

LINEがMVNO事業参加で無料化が進む?携帯電話市場は今後どうなる?

f:id:lifeball2468:20160324214721p:plain

 

LINEがMVNO事業参戦で無料化が進む?

 

グループ通話無料で話題になっているLINEですが、

今回新たにMVNO事業に参戦する事が決まりました。

各キャリア(通信事業者)が純増に頭打ちが見えた中で、

SiMフリー事業は好調な推移を辿っておりサービス内容によっては、

シェア獲得が可能な状況となっております。

 

今回の参戦で市場が大きく変わるのは確実です。

 

特に無料化という所で競争が激化する流れが想定されます。

 

今回のLINEのモバイル事業参入で大きなポイントなるのが、

LINE利用に対して通信料無料化です。

現状はパケット通信に対して通信制限が設けられております。

LTE通信が主流の現在ではかなり不便な内容となっております。

私も月の20日頃から通信制限が発生してしまい

ネットに接続できない状況が月末まで続きます。

 

正直不便です、、、

 

それに対してLINE、FacebookTwitterに対して無料化を進める

LINEは各キャリアが対応していない点を補う形となり

新たなニーズが生まれそうです。

 

そして料金プランも今回NTT回線を利用する事で安定した

通信網を使いながら月額500円LINE使い放題プランなども

用意する構えを見せています。

 

単純に通話、メールのやり取りが500円で使い放題って話になります。

先ほども述べたようにグループ通話で最大200人と無料で話せ

いつもの文字でのやり取りも通信料が掛からない。

特に若い世代には相当なインパクトを与えると感じます。

 

今年の夏は携帯電話市場がまた競争激化となる事必至です。

 

更に動画、音楽配信についても通信料をカウントしない流れを

考えており若い世代へのアプローチを徹底する構えを見せています。

 

 

 

f:id:lifeball2468:20160324222841j:plain

 

携帯電話市場は今後どうなるの?

 

政府として格安スマホ、格安SiMフリーを推奨している部分があり

各携帯電話会社は苦戦を強いられる事が確実な状況です。

更に端末の実質0円の是正、低料金プランの打ち出しなど

とにかく市場の激化を促すような政策を推奨されているため

なんともいえない状況が続くと感じます。

 

純増益も格安スマホなどに流れてしまっている状況で、

苦戦は続いています。

 

今後は各キャリアがサービスで補えてない所に入り込む事で

シェアを伸ばす動きが活発化します。

 

過去は3社間での競争でしたが今は違います!!

 

ぜひau,ソフトバンク、ドコモさんには新たな参入事業者を

迎え撃つ新サービスを作って頂ければと私は感じます。

 

拝見頂きありがとうございます。