読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代のおじさんブログ

30代に入ってるおじさんが、仕事、人生、感じた事、触れた事を綴っていきます。

自動車人身事故が多発しています。どうすれば無くせるのか?早急な対策が必要です。

a0002_003644-300x198.jpg

 

 

最近の自動車人身事故が多く不安です。

 
自動車人身事故に関するニュースが最近多いですね。
先日は大阪梅田で発生した自動車人身事故は、
10人の方が被害に遭われ凄惨な現場が連日ニュースで、
流れました。私もよく通る場所だったので、
正直怖い印象が強かったです。
 
2012年には京都の祇園でも自動車人身事故が、
発生し多くの方が被害に遭われて事も記憶に新しいです。
 
もはやいつ巻き込まれてもおかしくない状況でございます。
交通ルールに関しては相当注意しないと安心できないです。
 
 

栃木県では中3女子が自動車人身に巻き込まれる

 
3月1日には栃木県足利市で中3女子がタンクローリーにひかれ死亡する
事故が発生致しました。横断歩道を自転車で渡ろうとした時に
左からはいってきたタンクローリーに接触しました。
 
運転手は安全確認を怠っていたとの事です。
 
色々な要因があるのでしょうが、幼い命を奪った事には
変わりありません、、、
もちろん現行犯逮捕となります。
 
罪も重いです。
安全運転を心がける事です。
そして被害者にならないためにも安全に対する意識を高めましょう。
 
 
01.jpg
 
 
 

極論?自動運転なら事故は減少するのか?

 
自動車事故減少を考えると私はやはり自動運転がポイントではと考えます。
先ほど記載した大阪梅田、京都の事故は運転手の体調の変化による事が
原因でございます。
 
それにより想定外の事故となり被害が甚大になっています。
こうした例だと自動運転なら防げたのではと感じます。
 
現在各車メーカーが自動運転に関して相当力を入れております。
そして今年の1月にはテスラモーターズが日本でも流通している
『モデルS』に自動運転のソフトウェア配信を開始しました。
 
このテスラの自動運転機能は、国土交通省が承認し公道で利用する事が
可能なった経緯があり今後の自動車社会に新たな道筋を作る事となりました。
 
こうした機能が今後も普及すれば、事故は減少する事も可能ではと
私は感じております。
 
拝見頂きありがとうございます。